冠婚葬祭のなかで、避けては通れない葬儀。悲しいけれど、大切な人との最後の思い出になるような式にしたいですね。
冠婚葬祭の葬儀に関する心得とは

冠婚葬祭で大切な葬儀という式。

冠婚葬祭のなかで、最もかなしい葬儀。大切な人との最後のお別れ。それは突然やってくるものだと思います。
若いうちはあまり葬儀に呼ばれることもなく、学生の場合は制服でなんとかなるから大丈夫かな、という考えでいる人も多いと思います。

ですが、葬儀に呼ばれた時にはきちんとしたマナーで参加してほしいと思います。
それが故人の家族、親戚の人達にとってとてもありがたいことだからです。
マナーがしっかりしていると、故人がお付き合いのあった人はとても礼儀正しく故人とお付き合い、親交があったんだな、と思うものです。
故人の最後の旅立ちの時にこそ、日頃の感謝の気持ちを込めて礼儀正しく送り出してあげてほしいと思います。

では、自分の身内の時はどうすればいいか?準備するべきことが沢山あると思います。
初めての葬儀の場合は何をどうしたらいいのかも分からないと思います。
そして葬儀屋さんの言う通り、な式になってしまうと思います。
大切な人が亡くなってすぐの場合、動揺や悲しみなどでパニックになってしまうかもしれません。亡くなってからすぐにこれからどういう段取りで式をやっていくかという話になってしまいます。
落ち着いている暇はありません。なので、事前に葬儀屋さんに相談、家族と相談、が大切だと思います。
まだまだ大丈夫でしょ、なんて思っていてはいけません。その時が来たら困ってしまうのは目に見えています。
あまり深刻な相談ではなく軽い感じで明るくそんな相談が出来るといいですね。

Copyright (C)2017冠婚葬祭の葬儀に関する心得とは.All rights reserved.