わたしも、葬儀などの冠婚葬祭では両親からいろいろとマナーを教わりました。とても知っていてよかったです。
冠婚葬祭の葬儀に関する心得とは

葬儀などの冠婚葬祭ではマナーが大切です。

葬儀などの冠婚葬祭では、マナーを知っておきたいですね。身近では、親戚などの葬儀に参列したときに、両親から教わるといいです。
とてもいいお手本になります。
わたしも、親戚の葬儀にでたときに教えてもらいました。
まずは服装などです。
葬儀にはたくさんの関係者の方々が来られます。
やはり場にあった服装が必要です。
服装は出来れば黒の喪服や礼服がいいです。
そして、くつやバックも黒がいいです。
女性なら、ストッキングは黒がいいです。
そして、ハンカチは白がいいです。
それ以外に、キラキラとしたアクセサリーなどの光り物は控えた方がいいです。
いろいろとこういったものにも、なぜだめか理由があるそうです。
そして、女性はパールなどの真珠をつけるといいです。

わたしも、真珠のネックレスとイヤリングをその時に母に借りました。
参列されている女性のほとんどがつけていました。
やはり冠婚葬祭なので、葬儀でもそれにちなんだオシャレな仕方があるんですね。見出しなみですね。母もしっかりと、結婚前にそろえておいたそうです。
こういったことを母も自分の母から教わったそうです。
それは本当にためになります。
おかげで、わたしも自分でいろいろとそろえておいたので、就職してからも結婚してからもマナーをしっておりよかったです。
自分のこどもたちにも、こういったマナーをしっかりと伝えたいです。
20歳になるころには、それぞれに真珠のアクセサリーをプレゼントしたいです。
大切なときに使用してほしいです。

Copyright (C)2017冠婚葬祭の葬儀に関する心得とは.All rights reserved.